ダーツでクリケットの練習方法

初心者がやると効果抜群!ダーツでクリケットを使う練習方法

クリケットナンバーを使ったダーツの練習方法

ダーツの練習方法で確実に効果が望めるクリケットナンバーを使った練習方法をお教えいたします。

 

この練習をきちんと行う事でで得られるメリットは

 

  1. ダーツが毎回同じように投げれるようになる
  2. スコアが安定するようになる
  3. グルーピングが上がってハットトリックも出せるようになる
  4. スリーインザベッドも出せるようになる。
  5. 確実にダーツの実力を底上げしてくれる

 

です。

グルーピングとはダーツの集まりの事を言います。

 

狙った所に対してバラバラに刺さるのではなく、
ハズれても近くにダーツが集まる事をグルーピングが良いと言います。

 

そしてハットトリックとは、ダーツボードの中心部分の事をダーツ用語ではブルと言います。

 

そのブルにダーツ3本命中する事をハットトリックと言います。

 

 

ブルを狙った時の例をご紹介。

 

↓グルーピングが悪い例
ダーツの練習方法

 

↓ハズれてもグルーピングが良い例

 

ダーツの練習方法

 

↓グルーピング力を上げると最終的には簡単にハットトリックも出せるようになってきます。

 

ダーツの練習方法

 

それではグルーピングを上げる効果的な練習方法に入りたいと思います。

 

クリケットナンバーを使う

 

まずダーツ初心者がひたすらブルを狙う練習は練習とは言えません。

 

というのもブルって縦のラインと横のラインが合わさって初めて入るんです

 

 

ダーツ初心者がその2方向のラインをいきなり合わるなんて無理な話です。

 

現に中々ブルに入りませんよね?

 

さらに言えばそれは練習ではなくただ投げていると言うんですね

 

ここでは最もグルーピング力が上がる確実な練習をしていきましょう。

 

ダーツの練習方法

 

↓クリケットのゲームルールがわからない方は先に下記の記事を参考にしてから見ると、より理解度が深まります。

 

クリケットはダーツでメインとなるルールですので同時に覚えちゃいましょう。

 

ダーツでクリケットのルール

 

 

まずはクリケットナンバー15から20を使います。

 

そして1ラウンドで一つの同じナンバーに3本入れたら次に移動する。

 

練習メニューとしては単純に15から始まり20で終了。これが1セットになります。

 

基本的にシングルを狙います。

 

トリプルやダブルに入っても1本扱いとし、あくまで3本同じナンバーに入れなくてはいけません。

 

 

1ラウンド3本ダーツを投げて連続で同じナンバーに入るまで狙う所を変えてはいけません。

 

理由は感覚をすぐに忘れるからです

 

ダーツの練習方法

 

最初は15から20までの1セットでさえ終わるのも時間がかかると思います。

 

ですがひとつひとつのナンバーに対する感覚をここできちんと養うことで、最も早くダーツが上達します

 

 

これが狙う所をこまめに変えるとまったく意味がなくなってくるんです。

 

急がば回れということわざは本当なんです。

 

地味な練習にこそ最短の近道が隠されています。

 

ダーツの練習方法

 

ここでそれぞれ重要なナンバーに対する感覚がきちんと身についてくると、初めてスリーインザベッドも出せるようになってくるんです。

 

↓スリーインザベッド
ダーツの練習方法

 

 

スリーインザベッドとは、同じナンバーのトリプルにダーツ3本すべて命中させる事を言います。

 

 

ブルに入れたいからクリケットの練習はしない?

 

もしそう思っているならそれは大きな間違いです

 

ここで一つハッキリさせておきましょう。

 

  1. ダーツ3本中一本だけブルに入れて満足?
  2. ダーツ3本中3本すべてブルに入れたい?

 

2番を選んだ方にこそこの練習方法は利きます

 

ハットトリックとはまったく同じようにダーツを投げれて初めて出すことができます。

 

ダーツの練習方法

 

ブルよりも面積の広いシングルナンバーにダーツ3本入れる事さえできないうちはハットトリックは出ません。

 

断言します

 

物事には順番という物があります。

 

ただひたすらブルを狙い続け、

 

「ん〜入らないなぁ。」
「おっ、一本入った」

 

こんな練習とは言えない行為を繰り返している人は、お店にダーツを投げにいけば腐るほどいますね。

 

共通している事はみんな下手糞です。

 

 

そこに肩を並べて同じように質の低い練習を繰り返すことはとても賢い選択とは言えませんよね。

 

 

今回ご紹介した練習方法は一つの事に絞って練習できるので一番効果があるんです

 


スポンサーリンク




 

この練習でグルーピング力を確実に上げ、実力の底上げをしてからハットトリックを出す練習をする。

 

それが最短最速

 

 

このクリケットナンバーを使った練習では、シングルナンバーという面積の広い所を狙うので比較的入りやすいです。

 

 

そしてモチベーションも維持しやすく、なにより狙った所に入れる感覚も分かってきます

 

そして3本入れないと次に進めないので、あなたはダーツ一本目から3本目まで自然と同じフォーム・投げ方をするようになってきます。

 

 

この練習方法は良い事だらけなのできちんとやるとそれだけ見返りも大きいですよ。

 

 

同時にクリケットでの勝負にもめちゃくちゃ強くなります笑

 

ちなみにレーティングの話になりますが、シングルナンバー3本安定していれれるようになるとAフライトという一般では中々到達する事のできないレベルにいけるようになります。

 

 

Aフライトの実力をカウントアップで例えるなら、平均で700点。

 

調子がいい時は800点〜900点も出せる実力。

 

 

これってすごい事なんですよ

 

練習内容は地味ですが本当にオススメなので実際にやってみて下さい。

 

その効果の高さに驚きますよ笑

 

↓この記事と合わせて見るとさらに最速でダーツのコツを掴めます。

 

自宅で出来るダーツの練習方法

 

ダーツ上級者が教えるわかりやすいダーツの投げ方

 

ダーツ初心者が10日間ダーツ教材DVDを試した結果・・・

 

↓噂のダーツ教材を実践する前はブル(中心)を狙ってもこんな感じだったやつが

 

ダーツ

 

 

 

↓たったの二日で一気にグルーピングが上がって

 

ダーツ

 

 

 

三日目にはハットトリックは出るわで

 

ダーツ

 

 

 

↓気づいたらこんな神プレイが出るなんて

 

 

ダーツ

 

 

ダーツが上手いと女のほうから

 

 

  • 「ダーツ教えてください><」
  • 「よかったら一緒にやりませんか?」

 

 

なんて声をかけられるからネットカフェに投げにいっても基本的に一人で暇する事はない。

 

ダーツ

 

 

↓ダーツ上手い人はみんな持っていた。そのダーツ教材はこちら

 

ポールリムの10日間ダーツ上達法

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

自宅で一人で出来る!効果抜群のダーツ練習方法

ダーツの練習方法 ダーツに限らず何でもたくさん練習する人は上達も早く、コツも掴みやすいです。しかしダーツって自宅にダーツボードがないと練習できないって思っている人も少なくないはず。確かに自宅にダーツボードがあると、投げたい時にいつでも投げれるので上達も早いです。しかしここでは自宅にダーツボードが無くても一人でできると...

≫続きを読む

初心者がやると効果抜群!ダーツでクリケットを使う練習方法

ダーツの練習方法 ダーツの練習方法で確実に効果が望めるクリケットナンバーを使った練習方法をお教えいたします。この練習をきちんと行う事でで得られるメリットはダーツが毎回同じように投げれるようになる スコアが安定するようになる グルーピングが上がってハットトリックも出せるようになる スリーインザベッドも出せるようになる。...

≫続きを読む

ダーツ初心者が最短でコツを掴める二つの練習方法とは

初心者のダーツ練習方法 ダーツ初心者が中々コツを掴めずいつまで経っても上達しない。そのたった一つの原因は練習方法にあります。ただブル(ダーツボードの中心)を狙って投げ続ける質の低い練習とはおさらば。最速でダーツが上手くなる練習方法をお教えいたします。狙わない練習この練習に入る前に絶対に必要な事があります。それはイメージトレ...

≫続きを読む

ダーツのクリケットで苦手ナンバーを克服する確実な練習方法

ダーツでクリケットが苦手 今回はダーツのクリケットでどうしても苦手な所がある。19は入るのに18は入らない!そんな感じの方たちへとっておきの練習方法があります。まず一番肝心な所は思い込みを無くす所から入ります。ダーツってイメージが本当に大事なんですね。例1 18と20は苦手だけど15、16、17、19は入りやすい。この場合は...

≫続きを読む

最短でコツを掴めるダーツの練習メニュー

ダーツ練習 ダーツ初心者が最短でコツを掴む為の練習メニューを記載します。これらはすべて一つ一つ愚直に行う事で最も早く上達ができます。同時に複数行う練習であれもこれもじゃダメなんですね。一つずつ意識して練習する事で確実に理解して行けることができます。練習メニューその1まずはイメージトレーニングから入ります。これは...

≫続きを読む

10日間でダーツ上達

人気記事ランキング