ダーツの4フィンガー

知らないと損をするダーツで4フィンガーメリットデメリット

4フィンガーのメリットとは

ダーツで持ち方の事をグリップと言います。

 

ダーツの4フィンガーと持ち方

 

そしてグリップの中でも4本指を使う4フィンガーのメリットとデメリットについて記載してきます。

 

↓主なメリットはこちら

 

  1. 安定感がある
  2. 細かい調整もしやすい

 

安定感がある

 

支える指が4本になるので、ダーツを投げる時・構えた時にダーツがグラつきにくいというメリットがあります。

 

ダーツ始めたばかりの初心者のうちはどうしてもダーツがまっすぐ飛んでくれません。

 

それは支える指の使い方がまだわかっていないからです。

 

そんな中でこの4フィンガーにする事で安定感が上がって真っ直ぐ飛ぶようになったという人も少なくありません。

 

ダーツが真っ直ぐ飛んでくれないって人は4フィンガーで試してみるのもいいですよ。

 

 

細かい調整もしやすい

 

ダーツを投げる時、狙った所に入るかどうかの重要な要素の一つにダーツの角度があります。

 

これは構えた時から引いた時のダーツ先端の角度の事を言います。

 

人により投げ方はさまざまですが、その投げ方にダーツの角度が合っていないとダーツに上手に力を伝えることができません。

 

 


スポンサーリンク




 

極端な話をしますと、ダーツを上に飛ばしたいと思ってもダーツの先端が下を向いていたらどうでしょうか?

 

軽く想像しただけでも今言ったような感じでは綺麗に飛んでいくイメージにはなりませんよね。

 

上手に力が伝わらないというのはこういう部分でもあります。

 

そしてダーツを構えた時にダーツ先端の角度を狙った所に向けて調整するのですが、4フィンガーだと薬指も使うので好きな角度に調整しやすいです。

 

薬指もありますのでどの角度に調整してもグラつきにくいです。

 

3フィンガーでダーツがグラついて安定しない人は画像のように薬指をダーツの下に潜らせるだけでも簡単に安定感を得る事もできますよ^^

 

ダーツで4フィンガーのメリット

 

 

さらに4フィンガーにも色んな持ち方があるんです。

 

↓指の先端をダーツの横に添えて持つ人もいます。

 

 

ダーツで4フィンガーのメリット

 

自分の体に合ったスタイルを確立していきましょう。

 

4フィンガーのデメリット

 

  1. 癖が強い
  2. 余計な指が引っかかる可能性も

 

癖が強い

 

4フィンガーは癖が強いので、人によっては4フィンガーで投げる事が絶対にできない人もいます。

 

無理に4フィンガーにするとダーツの飛び方がめちゃくちゃになる人も。

 

理由は、4フィンガーは一番癖の強い持ち方だからです

 

 

3フィンガーで安定感がなく、4フィンガーを検討しているけどどうしても上手に持てない人は無理に4フィンガーにする必要もまったくありません。

 

 

そういう場合は3フィンガーで指の使い方を工夫すればいいんです。

 

指同士の間隔を変えてみたり、中指をダーツ先端(チップ)に添えてみたりと色々あります。

 

 

余計な指が引っかかる可能性も

 

ダーツを投げる際、指からダーツを離す時に余計な指がひっかかるとダーツがくの字になって飛ぶ事も多々あります。

 

4フィンガーはダーツの持ち方でも一番使う指が多いのでその可能性も高いです。

 

 

しかし4フィンガーがその人の体に合っている場合はこのデメリットも無いに等しいです。

 

逆にダーツがめちゃくちゃな飛び方をしている場合はその人の投げ方・体に合っていない可能性があると考えてもいいでしょう。

 

↓おすすめ記事

 

ダーツで3フィンガーのメリットデメリット

 

ダーツの持ち方・グリップ画像集

 

 

ダーツ初心者が10日間ダーツ教材DVDを試した結果・・・

 

↓噂のダーツ教材を実践する前はブル(中心)を狙ってもこんな感じだったやつが

 

ダーツ

 

 

 

↓たったの二日で一気にグルーピングが上がって

 

ダーツ

 

 

 

三日目にはハットトリックは出るわで

 

ダーツ

 

 

 

↓気づいたらこんな神プレイが出るなんて

 

 

ダーツ

 

 

ダーツが上手いと女のほうから

 

 

  • 「ダーツ教えてください><」
  • 「よかったら一緒にやりませんか?」

 

 

なんて声をかけられるからネットカフェに投げにいっても基本的に一人で暇する事はない。

 

ダーツ

 

 

↓ダーツ上手い人はみんな持っていた。そのダーツ教材はこちら

 

ポールリムの10日間ダーツ上達法

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

初心者必見!ダーツの持ち方とグリップの画像集

ダーツの持ち方 ダーツの持ち方の事をダーツ用語ではグリップと言います。そのグリップは2フィンガー 3フィンガー 4フィンガーと主に3パターンあります。2フィンガーはあまり見かけませんが、3フィンガーと4フィンガーでは厳密に言うと数え切れないほどの持ち方があるんですね。細かい指の間隔・支える位置で全然違った飛び方をし...

≫続きを読む

知らないと損をするダーツの3フィンガーメリットデメリット

ダーツの3フィンガー ダーツの持ち方・グリップで最も一般的で幅広く愛用されているのが3フィンガーです。その理由はどんなスタイルにも合わせやすいという所。(ダーツを何本指で持つかで 〜フィンガーと呼びます。4本指でもつなら4フィンガー)今回はそのメリットとデメリットをまとめましたので、どうやってダーツを持てばいいかまだ決め...

≫続きを読む

知らないと損をするダーツで4フィンガーメリットデメリット

ダーツの4フィンガー ダーツで持ち方の事をグリップと言います。そしてグリップの中でも4本指を使う4フィンガーのメリットとデメリットについて記載してきます。↓主なメリットはこちら安定感がある細かい調整もしやすい安定感がある支える指が4本になるので、ダーツを投げる時・構えた時にダーツがグラつきにくいというメリットがあります。...

≫続きを読む

ダーツで安定するグリップが見つかる二つのヒントとは

ダーツのグリップ 今回はダーツのグリップ、握り方で「どうもしっくりくるグリップが見つからない」「ダーツが安定するグリップを探している」そんな人が悩みを解決できるようにと向けた記事内容となっております。ダーツのグリップが安定しない人の特徴はダーツに上手く力が伝わらないダーツを持って構えた時に違和感があるダーツが安定しな...

≫続きを読む

ダーツを握る(グリップ)の強さがコントロールの鍵!

ダーツのグリップの強さ ダーツを持ち方の事をダーツ用語ではグリップと言います。そのグリップの種類は本当に数多く存在します。↓例自分のグリップは決まったけど、実際どの位の強さでみんなは握っているのか気になりますよね^^大事なのは周りの人と同じような強さで握るのではなく、自分を基準に考えていきます。グリップを決める時に大事なこ...

≫続きを読む

ここいらでダーツの持ち方(グリップ)について暴露します

フィルテイラーのグリップ 「ダーツが上手くなりたい!」ダーツプレイヤーならそう思って当然ですよね。そして上手くなる為にはどうすればいいのか?何処を変えれば良いのかと悩みます。そしてグリップを変えよう!と思っているならちょっと待ってほしいです。グリップを変えるデメリット私は現在レーティング15あり、ここに来るまでに何度もグリッ...

≫続きを読む

10日間でダーツ上達

人気記事ランキング