クリケットのダーツ用語とアワード

クリケットのダーツ用語とアワード解説

ダーツのクリケットの用語とアワードって?

アワードとは麻雀で言う所の役が揃ったという意味に近いです。

 

お店でダーツマシンでプレイしているとたまに画面から映し出されてくるのがそうです。

 

今回はクリケット関係のダーツ用語とアワードの出し方などを解説いたします。

 

ホワイトホース

 

ダーツ用語

 

ホワイトホースはクリケットプレイ時にしかでないアワードです。

 

出し方はクリケットナンバーで、それぞれ違うナンバーのトリプル3箇所に3本入れると出ます。

 

それをダーツ用語ではホワイトホースと言います。

 

↓トリプルとは下記画像の位置にある狭い面積部分の事です。
ダーツ用語

 

ホワイトホースが出る例

 

  1. 15トリプルに一本
  2. 18トリプルに一本
  3. 20トリプルに一本

 

これはホワイトホースが出る例です。

 

ナンバーに指定はありません。

 

クリケットナンバーの15〜20ならどこでもいいです。

 

 

逆にホワイトホースにならない例

 

  1. 15トリプルに一本
  2. 17トリプルに二本

 

あくまで違うクリケットナンバーのトリプル3箇所に入れなくてはいけません。

 

こちらの例では17トリプルに2本入っているのでホワイトホースにはなりません。

 

ただの9マークでありアワードも出ません。

 

ホワイトホースはダーツのアワードの中でも最も難しいとされるレベルです。

 

ダーツ中級者〜でもまぐれで出るかな?っていうレベル。

 

レーティング10あたりからたまに出せるようになってきます。

 

レーティングとは

 


スポンサーリンク




 

スリーインザベッド

 

同じナンバーのトリプルにダーツ三本入る事をダーツ用語ではスリーインザベッドと言います。

 

クリケットのダーツ用語

 

対応しているナンバーはクリケットナンバーなので

 

15、16、17、18、19です。
(20は例外。下記で説明しています)

 

そのどれか一箇所のトリプルに、1ラウンドで3本入れればスリーインザベッドとなります。

 

スリーインザベッドが出る例

 

1ラウンドで15トリプルに3本入る、など。

 

15〜19ならどこでもいいです。

 

スリーインザベッドの出ない例

 

15トリプルに2本
20トリプルに1本

 

あくまで同じナンバーのトリプルにダーツを三本指さなくては行けません。

 

この場合もただの9マークです。

 

スリーインザベッドは難易度は高いですが、ホワイトホースに比べると比較的出しやすいです。

 

レーティング7あたりでもたまに出せてくるくらい。

 

 

TON80

 

出し方はスリーインザベッドと同じ方法です。

 

ダーツ用語

 

ただ20のトリプルに3本入れると、スリーインザベッドではなくTON80(呼び名はトンパチ)となります。

 

20以外のナンバーのトリプルに3本入ったらスリーインザベッド。

 

20のトリプルに3本入ったらTON80、となっております。

 

なぜ20だけ呼び名が違うのかというと、20トリプルはダーツで一番得点が高いんです。

 

そして1ラウンド辺りに獲得できる得点もTON80が最高です。(180点)

 

なのでそこだけはアワード名が違うんですね。

 

↓最後にダーツライブ2のアワード動画をご覧ください。

 

 


スポンサーリンク

 

 


 

↓おすすめ記事

 

ダーツプロの投げ方動画を解説付きで自分の中に落とし込む

 

狙った所に入るダーツのコツ

 

ダーツ初心者が10日間ダーツ教材DVDを試した結果・・・

 

↓噂のダーツ教材を実践する前はブル(中心)を狙ってもこんな感じだったやつが

 

ダーツ

 

 

 

↓たったの二日で一気にグルーピングが上がって

 

ダーツ

 

 

 

三日目にはハットトリックは出るわで

 

ダーツ

 

 

 

↓気づいたらこんな神プレイが出るなんて

 

 

ダーツ

 

 

ダーツが上手いと女のほうから

 

 

  • 「ダーツ教えてください><」
  • 「よかったら一緒にやりませんか?」

 

 

なんて声をかけられるからネットカフェに投げにいっても基本的に一人で暇する事はない。

 

ダーツ

 

 

↓ダーツ上手い人はみんな持っていた。そのダーツ教材はこちら

 

ポールリムの10日間ダーツ上達法

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

一番分かりやすいダーツでクリケットのルール

ダーツのクリケット ダーツで人気のあるゲームルール。それはスタンダードクリケットです。クリケットは一見複雑そうに見えますがシンプルなゲーム性と奥深い戦略性を秘めています。実際のプレイ画面。クリケットのルールですが、大前提にあるのが最終的に持ち点数の高い方が勝ちです。ルール説明では分かりやすいように下記の画像を使用してご...

≫続きを読む

ダーツの01のルールと成績を上げるコツ

ダーツのクリケット ダーツで最も主流のゲームモードの中で01(ゼロワン)というゲームモードがあります。今回はその01に関するルール説明になります。まず01にはいくつか種類があります。30150170110011501これは単純に開始した時の持ち点数になります。01とはこの持ち点をいかに早くキッチリ0にするかというシンプ...

≫続きを読む

初心者必見!ダーツでクリケットの攻め方と勝率を上げるコツ

ダーツのクリケット ダーツのクリケットで相手に勝つ為に必要な攻め方とコツをお教えいたします。↓クリケットのルールや用語などまだよくわからないって方は先に下記の記事を見ておきましょう。ダーツでクリケットのルールこの記事はダーツ中級者〜上級者でも使えるテクニックを記載しています。初心者さんは最も基本的な攻め方を先に知ってか...

≫続きを読む

簡単に分かるダーツのレーティングとは

ダーツのクリケット ダーツにはレーティングという物が存在します。このレーティングとは簡単に言うとダーツに置ける階級みたいな物です。その階級がわかると日常会話の中でもAさん「今レーティングいくつですか?」Bさん「私は今レーティング8ですねー」この8という数字でその人のダーツの腕前がどの程度なのか簡単に分かるようになってい...

≫続きを読む

これを知らないと大変な事に!ダーツの01でダブルアウトとは

ダーツの01とダブルアウト ダーツのメインルールでもある01。今回はダブルアウトについて知らないと気まずい空気になる事もあるのでご説明いたしますね。01では主に30150170110011501と5種類あります。↓ルールを知らない人は下記の記事で簡単に分かるようになっています。ダーツの01ルールとコツダブルアウトとは簡単に言え...

≫続きを読む

ソフトダーツのルールで501を最短で上がる方法とコツ

501はソフトダーツの公式ルールでも採用されています。一般人も多く501をプレイしていますね。ここではその501を最短で上がるいわゆるパーフェクトについて解説いたします。ソフトダーツルールの501の最短ソフトダーツのルールで501を最短で上がるには、まずはブルに一本もミスをする事無くダーツ9本連続で...

≫続きを読む

ダーツルールでハットトリックの得点

ソフトダーツでブル(ダーツボードの中心)に3本入れる事をダーツ用語ではハットトリックと言います。ダーツは1ラウンド3本ダーツを投げます。その一本もミスをする事なく入れなくては行けません。ハットトリックの点数は?ソフトダーツのルールでは、ブルにダーツ一本入ると50点得点が得られます。1ラウンドで3本ブ...

≫続きを読む

一番わかりやすいダーツのクリケットスコアの見方

ダーツでクリケットのスコア 今回はダーツのクリケットでスコアの見方を簡単解説いたします。こちらではクリケットのルールをご存知の前提でお話を進めます。クリケットのルールがよくわからない方は下記の記事で簡単に説明しております。ダーツでクリケットのルール↓クリケットをプレイし終わるとこのような画面が出てきますよね。スコアが238と2...

≫続きを読む

ダーツでクリケットの攻め方〜基本

ダーツでクリケットの攻め方 初心者さんがわかりやすいようダーツのクリケットで最も基本的な攻め方をお教えいたします。この記事はクリケットのルールを知っている前提で解説いたしております。ルールがいまいちよくわかっていない方は下記の記事をご覧になってからこの記事を読み進めるようオススメいたします。ダーツでクリケットのルールクリケット...

≫続きを読む

クリケットのダーツ用語とアワード解説

ダーツでクリケットの攻め方 アワードとは麻雀で言う所の役が揃ったという意味に近いです。お店でダーツマシンでプレイしているとたまに画面から映し出されてくるのがそうです。今回はクリケット関係のダーツ用語とアワードの出し方などを解説いたします。ホワイトホースホワイトホースはクリケットプレイ時にしかでないアワードです。出し方はクリケッ...

≫続きを読む

管理人のプロフィール

初めまして、当サイト管理人のうしっくまと言います。最初は何度か軽いノリでネットカフェなどでダーツを軽く投げた事がある程度でした。そんな中2008年にひさびさの同級生二人と再会し、「ダーツやってるんだけど一緒にくる?」って言われて初めてダーツバーに入りました。そこでびっくりしたのが友人二人のダーツの腕...

≫続きを読む

10日間でダーツ上達

人気記事ランキング